未来 あらすじ

 

  

 

●あらすじ

 

わたしの趣味はボランティアだ

わたしはいい人になりたい

笑えなくてもいいから

誰かのために泣いてあげられる人になりたい

 

高2の夏、わたしはたいせつなものをなくしてしまった

 

「日記か手紙を書いてみませんか?」

大学病院のお医者さんからのアドバイス

「ほんとうの気持ちを一言でもいいから書いてみませんか?」

わたしは、日付も宛名もない文章を書いてみることにした

あの日から3年の月日が流れていた

 

昨晩

弟の同級生が自らいのちを絶った

弟の名前が書かれた遺書をのこして

 

 


 

巡回公演に戻る